社団法人
  
栃木県労働基準協会連合会
  









    
 ◇労働保険とは

 労働保険とは労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険を総称したもので、国が営む
 強制保険として、農林水産業の一部を除き、正社員、パート、アルバイトに関わらず、一人
 でも雇っていれば必ず加入しなければなりません。
 労災保険は労働者が労働時間中に災害にあった場合に療養補償等を行うもので、雇用保
 険は労働者が失業した場合に失業給付等を行うものです。

 ◇ 労働保険事務組合

 
労働保険事務組合とは


 事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、
厚生労働大臣の認可を受けた中小企業事業主等の団体です。


事務処理委託メリット

1.労働保険料等の申告・納付等の労働保険事務を事業主に代わって処理しますので、
事務処理の手間が省けます。

2.労災保険に加入することができない事業主や家族従事者なども、労災保険に特別
加入できます。

3.労働保険料の額にかかわりなく、3回に分割納入できます。(事務組合に委託してい
ない場合は、一定額を超えないと分割納入ができません。)

4.事務組合を会員とする(一社)全国労働保険事務組合連合会の行う事業を利用できます。